banner

シニアマーケットに注目

banner 少子高齢化がますます進行している今日、シニアマーケットが注目されています。シニアとは厳密な定義があるわけではありません。以前は60歳以上の高齢者を「シルバー世代」と呼び、その後、少し若い世代の50代を含めた世代をシニアと呼ぶようになりました。英語の「シニア」の日本語の意味は、上級者や年配者という意味で、米国の「シニアハイスクール」は日本では高校です。人生の上級者であると考えれば、50代を含めてもいいでしょう。しかし平均年齢が高くなり高齢者が増えた今日では、退職後の世代、60歳や65歳以上の世代を呼ぶようです。
少子高齢化で人口が減少し、若い世代向けの需要が減少するのですからこれから市場の拡大が見込まれるシニアマーケットが注目されるのは当然だといえます。また、現在のシニアは高度成長期を支えてきた世代であり、また団塊の世代というボリュームゾーンがシニアに仲間入りしたことで質量ともに大きな消費の担い手であるとされています。また、現時点でのシニア層は、年金の減額前の最後の世代です。こうしたことからもシニアは裕福であり、団塊の世代にみられるように活動的で消費性向も高いというイメージが一般的です。ですからシニアをターゲットとしたマーケティングが盛んにおこなわれるのです。

Copyright(c) 注目されるシニアマーケット All Rights Reserved.